7/7ページ

7/7ページ
  • 0106.04.08

聖徳太子がいなかったことは 【コラム】

「聖徳太子がいなかったことは、とっくに学会の常識となっている」と矢沢永一が書いているのを新潮選書で読んだ。「いなかった」は説として頷けるが、「常識となっ」たのは何時のことか。財布の中に彼の肖像を見なくなったのは、そのためだろうか。色々との書物を見渡したてはみたが、それらしい書きぶりはどこにもない。常識が常識として世間一般に通用しないことは多々ある。これもまたその一例なのかと、首を傾げたわけだ。   […]

1 7