7/7ページ

7/7ページ
  • 2003.05.09

 統一地方選が終わった 【コラム】

 統一地方選が終わった。何がどうなったかと、振り返ってみれば・・・。  投票総数の7割、300万票も獲得した東京都知事、リコールで首を獲られてなお僅差で蘇った滋賀・豊郷町長、収賄容疑で括られたオリ(拘置所)の中から立ってトップ当選した和歌山市議、この辺りしか印象が残っていない。  各地自治体の、それぞれ身近な選挙は別として、テレビ速報や新聞の一面に出てくる結果を眺め、つくづく、化け物屋敷を覗いたよ […]

  • 2003.04.07

「無理が通れば道理が引っ込む」 【コラム】

20030407 新聞大阪.TXT  「無理が通れば道理が引っ込む」。逆説的な諺だと信じてきたが、とんでもない。まさに究極の至言だと、この度、思い知らされた。  新天地を求めて先住のインディアンを殲滅し、黒人奴隷を踏み台にした人々。  彼らの所業はしばしば人類に反省を促したが、当事者は何ひるむことなく、わが道理を貫いてきた。  「そうでなければ、地球・人類を導くリーダーにはなれない」との冷厳なテー […]

  • 0106.04.08

聖徳太子がいなかったことは 【コラム】

「聖徳太子がいなかったことは、とっくに学会の常識となっている」と矢沢永一が書いているのを新潮選書で読んだ。「いなかった」は説として頷けるが、「常識となっ」たのは何時のことか。財布の中に彼の肖像を見なくなったのは、そのためだろうか。色々との書物を見渡したてはみたが、それらしい書きぶりはどこにもない。常識が常識として世間一般に通用しないことは多々ある。これもまたその一例なのかと、首を傾げたわけだ。   […]

1 7